大リーガーのイチロー選手は試合前の準備は分刻みでやることをこなしていくらしいのですが、人並みはずれた時間への意識があるからできることです。

人間は誰しも平等な時間のなかで行きています。その時間をどんなことにどれだけ使おうが、その人の自由です。

アマゾンの創業者は日々の小さな選択が未来を変えると言っています。もし普段なにげなく自分が選択している意思決定を自分の目指すことだけのために変えることができれば目標達成に近づくのかもしれません。

それができない人が多いから成功する人もまた少ないと思うのですが。。(-_-)

なかなか一筋縄ではいきません。

よく時間がない時間がないという人はまずスケジュール管理ができていないことが多いです。何にどれくらいの時間を使うか、次にどのようなことがあるためこのような準備をするなど、1日のスケージュル管理は社会人一年目の新卒さんから徹底してやるべきです。スケジュール管理ができているとどこかの時間を減らしてこっちに時間を回すや、用事をひとつなくしてこのような時間を作るということもできます。スケージュル管理は時間管理ツールと時間の配分力を高めるものです。

特に仕事をする上では時間管理能力がないと余計な残業をしてしまったり、企業コストの上昇につながるためタスクの把握と時間の把握は必須になります。どうやってこの感覚をやしなうかは教育しかないですし、毎日の生活の中で意識してやっていくしかないと思います。

でもこれをマスターすると仕事をする上でも毎日の生活の中でも時間への意識が強烈にあがります。