世の中には正社員でも派遣社員でも会社をすぐに辞める人はいます。すぐに辞めるのはその会社に長く務めることができないと思って辞めるわけですが、その人がその部署やその周りの人に馴染めないというのが一番の理由になることが多いです。

会社という組織には文化があり、文化は人の雰囲気が作り出します。その組織にいる人たちに合わせることができなければその組織で働き続けることは難しくなります。逆に、なんだこの組織(人)は思って、自分が順応できる場合はその組織で生き残ることは出来ます。

会社に入ってすぐの新入社員の方たちは自分に合う会社を見つけるよりも自分を会社に合わせる姿勢で臨んだほうがいいです。あとあとそのほうが楽です。自分にあった会社に見つけ出すのはけっこう難しいです。

しかし、それでも今の転職サービスはあなたのそんな性格でも馴染む会社があるかもしれません。あとは会社見学もあったりするので、ある程度会社の内情を掴んだ状態で次に進むこともできます。それでも担当となる人と相性が合うかどうかはまた運になります。

そういうことを考えると自分に合う職場を探すよりも自分を職場に合わせるようにしたほうが簡単です。自分を変えることがどうしてもできないという人もいると思いますが、やってみると意外にできるものです。

ただどうしても社会人一年目で転職したいならこちらのサイトが参考になります。 → 社会人一年目で転職する

私は仕事も料理も準備が大事だと思っています。仕事で人よりも高いパフォーマンスを出そうとしたら、体調管理や情報収集を高いレベルでやる必要があると思っています。

体調を整えておかないと8時間という長い時間で継続的に集中力を維持して仕事することはできません。自分の仕事の業種や業界の流れがわかっていないと仕事のやり方を間違える可能性があります。そういう意味でこの2つは大事かなと。

あと私の場合はデスクの整理整頓には気をつけています。デスクが汚い人はどこか仕事でミスをやらかしそうな雰囲気があるかと思います。デスクワークでない人の机は別です。記者の方とか。情報収集がほとんどで机の上では記事を書くのみの方。

WEB系でデスクが汚い人はちょっとないと思います。常に高い効率も求められるのにその机では高い効率は出せないだろうと予想できます。きれいな机にしておけば良いというものではないですが、高いパフォーマンスを出すためには最低限机の上を整理整頓しておかないと仕事の成果を出せないと思います。

その意味で机の上をきれいにしておくのも仕事の準備にあたると最近つくづく思います。(-_-)

よく時間がない時間がないという人はまずスケジュール管理ができていないことが多いです。何にどれくらいの時間を使うか、次にどのようなことがあるためこのような準備をするなど、1日のスケージュル管理は社会人一年目の新卒さんから徹底してやるべきです。スケジュール管理ができているとどこかの時間を減らしてこっちに時間を回すや、用事をひとつなくしてこのような時間を作るということもできます。スケージュル管理は時間管理ツールと時間の配分力を高めるものです。

特に仕事をする上では時間管理能力がないと余計な残業をしてしまったり、企業コストの上昇につながるためタスクの把握と時間の把握は必須になります。どうやってこの感覚をやしなうかは教育しかないですし、毎日の生活の中で意識してやっていくしかないと思います。

でもこれをマスターすると仕事をする上でも毎日の生活の中でも時間への意識が強烈にあがります。